看護学生・新人看護師必見!看護覚え書

なんとか1人前!?劣等生ナースでもわかった!できた!看護知識と臨床実践

根拠?疾患理解?臨床での実践で悩める看護学生さんや新人看護師さんはここへ!
    
まずは初めにをお読みください。
    
看護学生さん
新人看護師さん

臨床実践の場で
役立つ情報を伝えます!

呼吸器・消化器・代謝内科の
混合内科病棟での勤務経験と
新人看護師、看護学生の
実習の指導経験を元に
臨床で動けるヒントを伝えます!

基本的には
自分の覚え書
知識の共有のためのブログ

参考程度でも御覧ください♪
    

悩めるバイタルサイン測定①(概要)

 

今回は学生さんや新人看護師さんが不安に思う項目

バイタルサイン測定についてです。

そもそもバイタルサインとはなんぞや? 

バイタルサインとは
バイタル:生きている サイン:徴候

人間が生きている状態であることを示す
生命徴候を意味する

ということでして。

正常な状態で生きてるか、という判断をするために観察するんですね。

 

ただ、それが難しい・・・と感じる。

何故かって。

正常だ、問題ないと判断するのは

一つを見ただけで判断できないからなのですよ。

 

 

というわけで

実習指導者や先輩看護師への報告も怖くない!

よく測定する体温・血圧・脈拍・呼吸

の各項目の基準とポイントを

お伝えします。

 

ただですね、

バイタルサインの基礎的なことをお伝えしますが、

患者さんが持ってる疾患や発症した病態生理によって

アセスメントは変わってきますのでね。

要注意です。

 

そして、読んでもらうとわかりますが、

各項目単独ではアセスメントはできない。

バイタルサインって難しいのはここでしょうね。

基礎看護実習で

一つ一つの項目にアセスメントしろ

と言われるかもしれませんが、 

今の私が思うに

 

同じこと何回も書かなん・・・

一つのことだけで患者の状態なんかアセスメントできん

 

って感じでした。

じゃあなんでそんなことするのか

 

起こっている一つの事象に対して

しっかり考えられるようにするため

 

だと勝手に思っています。

根拠って嫌いですが、根拠は大事なんですよね。

皮肉なことに。

 

 

次から それぞれの項目の解説です。

参照されてみてください★